消費者金融の一括返済は過払いに注意

消費者金融は総量規制の導入が行われた事で、お金を借りる事が出来る上限は年収の3分の1未満になっています。
しかし、総量規制が導入される以前は、融資を行う側が良いと判断すれば、年収に関係なく融資を受ける事が出来ました。
但し、この時代の消費者金融の金利は、利息制限法と出資法の間にあるグレーゾーン金利と呼ぶ高い金利で融資をしており、法律が改正された時に、グレーゾーン金利は違法であり、過払いに値するなどの判決が下されたのです。
従来から消費者金融でお金を借りている人の中には、過払いが発生している可能性もあります。
一括返済をする時には過払いが発生しているか否かを確認してから一括返済をしないと、過払い金を取り戻せなくなるので注意が必要です。
最近は、銀行のカードローンの中には借り換えとして利用出来る便利なローン商品も用意してあります。
銀行の金利は低いので、消費者金融の一括返済に使用したいと考える人も多いかと思われますが、過払い金請求をせずに一括返済をしてしまうと、今まで支払いし続けていた、本来支払う必要が無い利息を取り戻す事が出来ませんので、法律事務所などが行っている借金相談を利用して過払い金を取り戻す事を先決と考えるのがお勧めです。
ちなみに、過払い金を取り戻した場合、過払い金の額にもよりますが、すでに完済しているケースもあり、一括返済をする必要がなくなる事もあるため、必ず過払い金の額を計算して貰ってから行動するようにしましょう。
消費者金融審査一覧ランキング!審査甘いは注意!惑わされず借りる!はこちら